MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

入院時の個室料金を、患者からだまし取る病院 ⑦

2004年11月12日 教室に作った、藁のベッドがお気に入りでした。(全盲難聴・のんたん 9歳)



これまでに、
「支払わなくていいはずの差額ベッド代を、支払わないですませるには、
 『入院申込書』と『同意書』に注意しましょう。」
というお話をしました。


あの手この手で、
なんとかして、差額ベッド代を支払わせようとする話ばかりで、
病院が信じられなくなってしまいそうですね。


でも、そんな病院ばかりではありません。
中には、個室を利用しても、差額ベッド代を請求しない病院が、あるんです。
今日は、私や家族・知人がこれまでに入院した病院で、
個室の利用料を請求されなかった病院を、少しだけ、ご紹介します。


① 寺田病院(東京都足立区)


ベッド数50床の、個人病院です。
院内は、ソファも内装もきれいで、ホテルのようです。
パジャマやタオル、ティッシュペーパー、歯ブラシなど、
入院に必要なものは支給してもらえる(1日500円)ので、
ショーツだけあれば、入院できます。
食事もおいしく、あまりに快適なので、ファンになっている病院です。
入院申込書では、無料の4人部屋を希望しました。
ところが、入院してみると、案内されたベッドは、一日12000円かかる、2人部屋。
「ご希望の4人部屋は空きがないので、こちらになりました。
 病院の都合なので、差額ベッド代はいただきません。」と。うれしい。^^


3日後、手術が終わったら、
「病室が変わります。」と言われました。
評判のいい病院なので、入院希望者が多いようで、
有料の2人部屋が、満床になったのだそうです。
で、そこを出て、次に入った部屋が、一日20000円の個室。
すごく広くて、応接セットまで付いていました。
もちろんここも、差額ベッド代は無料でした。
「こんなすばらしい部屋が、無料だなんて」と、夢のようでした。^^
快適な入院生活でしたが、数日後、
「4人部屋が空きましたので、移動しますね。」
と言われ、相部屋に移動T_T。(そりゃあ、そうだ。)
お引越しのときの荷物の移動は、全部、看護師さんがやってくれました。
ちなみに、この個室を利用したときに、
「『同意書』を書くように」と、一度も言われませんでした。
「同意書」は、個室を利用するために署名するものではありません。
差額ベッド代を支払わせるために必要な、「証文」です。
病院側が料金を請求するつもりがないなら、
はじめから、「証文」を書く必要はない、ということなんですね。


② 癌研有明病院

友人が入院したときの話です。
治療中に、抵抗力がかなり落ちてしまいました。
感染症にかかる恐れがあるため、
他の人との接触を避ける、という意味で、
個室に入りました。
「治療上必要なこと」ですから、
個室利用料は無料だったそうです。


③ 船橋二和病院(千葉県船橋市)

民主的医療運動によって設立された病院だそうです。
20年以上前に、長女が肺炎で入院しました。
個室にはいりましたが、差額ベッド代はかかりませんでした。
差額ベッド代に関して言えば、良い病院でした。
が、ひとつ難点が。
病院の玄関に、「完全看護」と書いてあるのに、
小児科では、子どもの付き添いを強制されました。
入院すると、親は、「付き添い許可願い」を書かされるんです。
(希望してるわけじゃないのに)
なので、小児科では、入院している子どものベッドには、
24時間、親が張り付き状態になります。

長女の、3時間に一回の吸入も、親の仕事になりました。
「私は、いったいいつ寝るのだろうか・・・。」と思いましたね。T_T
ベッドの下の床には、
付き添いする(させられる)親が食べた店屋物の食器とかが置いてあるし、
あまりいい環境ではありませんでした。
20年以上前の話です。
今は改善されているのでしょうか・・・。


よく、病院の口コミサイトってありますよね。
(ときどき、参考にさせていただいています。)
あのサイトに、「個室料金をだましとる病院かどうか」で、
YES/NOのチェック欄がついているといいのにな、と思います。
そんなサイト、誰か作ってくれませんかね。


(つづく)



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。