MIYO'S WEBSITE - 全盲難聴のんたんの記録と卵巣ガン、そして旅日記。

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは24歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。
ベトナム日記は、
http://limings.muragon.com/tag/?q=2019%E5%B9%B49%E6%9C%88-10%E6%9C%88%E3%80%80%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0&p=4 
をご覧ください。
ベトナム家族旅行:
https://limings.muragon.com/tag/?q=2017%E5%B9%B412%E6%9C%88%E3%80%80%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0
小学生だったころの子どもたちの育児日記は、こちらです。
http://limings.sweet.coocan.jp/

新緑の箱根で、美味しいものを食べ歩いた3日間 15 - 強羅花壇(旧閑院宮家別邸)でお昼ごはん③(2024年5月18日/3日め)

2024年5月18日 旧閑院宮家別邸・懐石料理 花壇で。(神奈川県足柄下郡箱根町)


5月18日(金)- 3日め


旧閑院宮家別邸・「懐石料理 花壇」で、
充実のお昼ごはんをいただきました。
一品、一品が、手間をかけて造ってあり、
初めて味わうようなお料理ばかり。
感動の連続でした。



この日いただいたのは、
「水仙」(懐石フルコース全8品)
という、ひとり8470円のランチです。
ふたり分で、16940円になりますが、
一休から予約し、
全額、ペイペイのポイントで支払ったので、
タダです。(いばりっ笑)


やはり、今回の旅行でいちばんの自慢は、
あの「強羅花壇」で、
タダで食事したことですね。(アホ)


MIYOの場合ですが、
有効期限のないポイントは普段使いせず、
貯めておくことが多いです。
ある程度貯まったところで、
こういう、なかなかできない体験に
どかんと投入するのが、MIYO家のポイ活。
ホテルにしても、お食事にしても、
「コレがタダなんだ~。」
って思うと、喜びもひとしおです。😅


約17000ポイント使いましたが、まだ102166ポイント残っています。^^


上の写真で、これまでの総獲得ポイントが
「324816ポイント」となってます。


ペイペイを利用し始めてから
たぶんもう6年以上になるので、
これくらいのポイントをもらってきたんだな、
とは思うものの、
「それ、なんに使ったの?」
と訊かれても、全然覚えていません。😅
ポイントなんて、付与されたらすぐに、
スーパーとか日常の買い物に使ってましたから。


でも、じっくりと貯めておいて、
こういうときにドカンと使うと、
なんか、ワクワクするんですよね。^^


「今日のスーパーの買物、5000円だったけど、
 ポイントで払ったからタダだったよ。」
と言っても、多動夫は、
「ふぅん…。」
って言うだけです。


でも、この日のようにドカンと使うと、
「えっ 強羅花壇の、今日の食事が、
 ポイントで全部タダなの?
 すげ~~~。」
と喜ぶし、ほめてくれます。😄


日常のスーパーで使おうが、
高級レストランで使おうが、
結局は、
ポイントはポイント。
お金はお金。


どっちに使っても、価値は同じだし、
どっちがオトク、ってことでもありません。
でもなにか、高揚感が違う。
つまり、こういう使い方には、
「ときめきがある」ような気がします。
MIYO家では、この高揚感がとても大事。^^
…と、ここ数年、思うようになりました。


この日のお食事は、
ポイント利用でタダだったので、
柚子みつドリンクの2200円(ふたり分)だけ、
支払ってきました。
MIYO家にしては高級なドリンクでしたが、
なにしろお食事がタダですから、
「飲み物くらい、いいよね。
 ここはひとつ、行ってしまえー。」
なんて、気が大きくなりました。(アホ)


さて。
お食事のあとは、お茶をいただきながら、
もう少し、旧宮邸の設えを眺めてみました。


ダイニングには、閑院宮載仁親王の肖像画が飾ってありました。

照明や天井も、ひとつひとつがしゃれた造りです。

ダイニングの外に出ました。玄関ホールとダイニングの間にある、洗面台。

閑院宮家の紋章が入った、漆の手箱が飾られていました。

閑院宮家の紋章です。

階段踊り場のステンドグラス。天井にあったメダリオンも、アールデコなのでしょうか。たいていのメダリオンは円形ですが、四角いのは初めてみました。^^

畳の両側に襖があり、その奥は個室(「くちなしの間」と「はまなすの間」)になっています。

お手洗いです。見事なアールデコ。😄


私たちが、あまりにも熱心に
お邸の中を見ていたからでしょうか。
お支払いをすませてお邸を出ようとしたら、
スタッフの方が、
「どうぞ、本館の方まで、
 ご覧になってください。」
と言ってくださいました。😮


それでは、お言葉にあまえて…、
ということで、夫とふたりで、
お邸から強羅花壇の本館に向かって、
歩いてみました。


「強羅花壇」を象徴する、120mの柱廊下。ロビーへと続くガラス張りの廊下を歩いただけで、ワクワクしてきました。

箱根外輪山を望むロビー。箱根の自然と調和した、ガラス張りの世界です。

ソファに座ると、目の前に、こんな景色が広がっていました。

木造の和モダンな空間。館内には、白檀のお香の香りが漂っていました。

階段を降りたところは、ショップになっていました。美しい、箱根寄木細工の品々。

フロントの前まで歩いて引き返しました。今度は、柱廊下の外側にある小径を歩いて、旧閑院宮家別邸まで戻りました。

本日の昼食をいただいた、旧閑院宮家別邸・懐石料理 花壇です。

「懐石料理 花壇」は、「強羅花壇」の柱廊下とつながっていて、雨の日でも濡れずに行き来することができるようになっています。


一休で調べたところ、
「強羅花壇」のいちばんお安い部屋は、
一泊130000円くらいでした。😵
(夕朝食付 2名)


さすが、箱根温泉旅館の頂点。
ペイペイのポイントを全部投入しても、
まだまだ、手が届かない世界でした…。😓😓


「強羅花壇」のお庭で。


(つづく)

×

非ログインユーザーとして返信する