MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

ホテルスプリングス幕張「玄海」で、4000円の追加料金を取られてしまった話 ②

2017年10月9日
S園のバザーで。長男が6歳の頃から16年間ボランティアにいらしてくださっている、ヤグチさんが、今年も長男に会いに来てくださいました。(全盲難聴・のんたん 22歳)



ホテルスプリングス幕張「玄海」


「玄海」でおいしいランチをいただいた、と思っていたら、
予想外に、室料4000円を支払う羽目になってしまいました。


4000円です。
それだけのお金があったら、
もっとおいしいものを食べに行けたのに・・・(←そこですか)。


残念でなりません。
「なんとかならないものか。」と考えました。


だって、私がぐるなびのクーポンを勘違いしたのが原因とはいえ、
そんな、わかりにくいクーポンを出したのは、お店の方なのです。


これがビジネスだったら、どうでしょうか。
誤解した方が悪いのか。
誤解させるような説明をした方が悪いのか。


そう、そこです。


「メーカーが誤解させるようなドキュメントを作成し、
 トラブルが起こった場合、
 その責任は、メーカーが負う。」


実は私、そんなことを、社員のみなさんに教育する仕事をしてるんです。(爆笑)


「日ごろ、私がみんなにお教えしていることなのに、
 その私自身が泣き寝入りするわけにはいかない。」


そう思いました。


「あの4000円、取り返してみよう。」


自分がこれまで、仕事でいつもやっていることを、
ここで活かしてみなくっちゃ。(笑)


そんなふうに考えたら、ちょっと元気がでてきました。

コストコに向かう車の中。
「都合の悪いことはどんどん忘れる」タイプの夫は、
もうすっかり、気持ちを切り換えたようで、
4000円のことなどなかったかのような顔をして、運転しています。

でも私は、心の中で、
「4000円を取り返す」ためのメールを、書き始めていました。


(つづく)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。