MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

台湾・3泊4日でおいしいものめぐり⑩ - 一日め(スーパー見学後、永康街の「思慕昔」で別腹・マンゴー雪花冰)

みんなで歩くよ!(全盲難聴・のんたん 4歳)


楽しいこと満載の、JTBツアー。
(注・私は、JTBのまわしものではありません。)
鼎泰豐(ディンタイフォン)のディナーだけで終わったりしません。
そこから歩いてすぐのスーパーに連れて行ってくれました。
この「スーパー」も、ツアーのコースに含まれているのです。


私は、どこの国に行っても、必ずスーパーに寄ります。
売っている物を見ているだけでも楽しいし、
なにより、お土産が安く買えるからです。
同じ品物でも、お土産物屋さんで買うよりもずっとお安くなるので、
スーパーはお勧めです。^^

台湾のスーパーで売っていた「烹大師」(ほんだしと読むようです。


そして、スーパーのあとは、さらに!
別腹ということで、マンゴースイーツのお店「思慕昔」に行きました。
(どうやら、「スムージー」と読むようです。)
ここは、某旅行雑誌でも紹介されている、有名店。
店内は混んでいましたが、それでも、いちばん奥に、
私たちのための席がしっかりと確保されていました。
ここで、今回の旅行での、お楽しみプレゼント第三弾の登場です。


出てきたのは、芒果雪花冰(マンゴーかき氷)。
かき氷の上に、マンゴーアイスクリームと、大ぶりのマンゴーがどっさり。
おいしかったのですが、ものすごい量です。
がんばったけれど、半分くらいしか食べられませんでした。
(ふたりで一個注文すれば十分だと思います。)


このお店の周囲は、永康街といって、
竹下通りのような、おしゃれなお店がひしめいています。
通りの端から端まで、ゆっくりと散策して、
ようやく、この日のメニューがすべて終了しました。

永康街のお店。「オシャレなお店」は、日本のお店みたいであまり面白くないので、撮りませんでした。


「みなさん、いっぱい食べましたね。
 旅行で太るの、仕方ないですね。」
と、洪さんが笑いながら言いました。


これで、ツアー一日目の全行程が、ようやく終了しました。
いやー 長かったです。^^
まだまだ、あと三日分、あるんですけど…。
この日記、「帰国」するまでに、いったい何日かかるんでしょうか(笑)。

(つづく)


「ガンになって」シリーズを、
http://limings.sweet.coocan.jp/miyo01/miyo1704.html
でご紹介しています。


MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。