MIYO'S WEBSITE - 全盲難聴のんたんの記録と卵巣ガン、そして旅日記。

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは24歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。
ベトナム日記は、
http://limings.muragon.com/tag/?q=2019%E5%B9%B49%E6%9C%88-10%E6%9C%88%E3%80%80%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0&p=4 
をご覧ください。
ベトナム家族旅行:
https://limings.muragon.com/tag/?q=2017%E5%B9%B412%E6%9C%88%E3%80%80%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0
小学生だったころの子どもたちの育児日記は、こちらです。
http://limings.sweet.coocan.jp/

コロナでもウポポイ。登別から函館を訪ねる北海道 4泊5日のおトク旅 16 - 大沼国定公園と大沼だんご(2020年11月29日/3日め)

2020年11月29日 大沼国定公園で。大沼と駒ヶ岳です。(北海道亀田郡七飯町)


11月29日


左手に駒ケ岳を臨みながら、
バスはがんがん走り続けました。


そして、大沼国定公園に到着です。^^


【大沼国定公園】
函館市の北約16kmのところにあります。活火山の北海道駒ヶ岳と、その火山活動によってできた大沼、小沼、蓴菜(じゅんさい)沼の湖沼で構成されています。大沼には、大小126の小島が浮かび、春から秋にかけてサイクリング、ランニング、ボート、遊覧船など、冬はスノーモービルやワカサギ釣りなどのアウトドアスポーツを楽しむことができます。1958年(昭和33年)、「国定公園」に指定されました。大沼周辺は、2010年(平成22年)に「日本紅葉の名所100選」に選定され、2012年(平成24年)に、「ラムサール条約」登録湿地となりました。


地図で見て見ると、大沼国定公園は、函館のすぐ手前です。内浦湾沿いに、南下していけばよかったものを、「活アワビの踊り焼き」を食べるために、大きく迂回したことがわかります。笑


ここからは自由行動だったので、
公園内を散策しました。


大沼と駒ヶ岳。神々しい美しさでした。

「千の風になってモニュメント」がありました。名曲「千の風になって」が、作家新井満さんによって大沼で作られたことを記念し、2008年に建立されました。自然石を用い、大地と地続きになった珍しい形のモニュメントとなっています。

シーズンオフなので、船は陸に揚げられていました。

レンタサイクルもあるのですが、借りる人はいません。そもそも、訪れている人が少ないのです。笑 人が少なくて静かな公園を、夫とふたり、とぼとぼと歩きました。😅

お土産物屋さんに入ってみましたが、コロナで観光客が少ないせいか、売っているものも少ないのです。

あまりにヒマすぎて、クマと自撮りして遊ぶ多動夫。ああ、ハズカシイ。なんでこんな写真撮りたいのか、理解できません。


帰り際、ガイドさんに勧められて、
公園のそばにある、
「元祖大沼だんご 沼の家 (ぬまのや)」
に行ってみました。


明治38年の創業の老舗です。プルンと柔らかくて、おいしいと評判だそうです。

「あんと醤油」「胡麻と醤油」の二種類です。小折りが390円です。

「あんと醤油」の小折とトラピストクッキー(北海道北斗市)を買い、地域共通クーポンで支払いました。

バスに乗って、出発です。その前に、まずは消毒。乗車口に消毒液が設置されていて、手をかざすだけでジェルが出てくるようになっていました。10月の秋田旅行では、運転手さんが乗車口で待機し、ひとりひとりにジェルをかけてくださったことを思い出しました。なんでも、着々と進歩していくところがすごいと思います。


これから、函館のホテルに向かいます。
函館では、こちらに泊まります。


函館国際ホテル(画像をお借りしました。)


北海道の食材をふんだんに使用し、
約100種類のメニューをそろえた
朝食ビュッフェが、人気のホテルです。


「じゃらんアワード2018 泊まって良かった宿大賞」
の朝食部門で、大賞を受賞。
「一休 北海道の2018年度クチコミランキング」
のホテル部門で、第2位となりました。


「ザ・ウィンザーホテル 洞爺」と共に、
ここも、泊まってみたかったホテルです。
このツアー、ホテルがどれもすばらしいです。
さすが、「名ホテルと絶品グルメの競演」と、
銘うっただけのことはあります。^^


(つづく)

×

非ログインユーザーとして返信する