MIYO'S WEBSITE - 全盲難聴のんたんの記録と卵巣ガン、そして旅日記。

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは24歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。
ベトナム日記は、
http://limings.muragon.com/tag/?q=2019%E5%B9%B49%E6%9C%88-10%E6%9C%88%E3%80%80%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0&p=4 
をご覧ください。
ベトナム家族旅行:
https://limings.muragon.com/tag/?q=2017%E5%B9%B412%E6%9C%88%E3%80%80%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0
小学生だったころの子どもたちの育児日記は、こちらです。
http://limings.sweet.coocan.jp/

ガンになるまでの日々 14 排尿障害(2009年1月)

2008年10月11日 盲学校の運動会。(全盲難聴・のんたん 13歳/中1)


2009年1月


入院中に出会った方々のことは、
いつまでも、私の心に残っていて、
忘れることはできません。
おひとりおひとりのことが思い出され、
書き始めたら、止まらなくなりました。^^
ずいぶん長くなってしまいましたが、
最後の方のお話になります。


木*津からやってきた、Iさん。
6年前に、地元の市民病院で、
子宮がんの手術を受けました。
同じ頃に、同じ手術を受けた人が、
全部で6人いたそうです。


「手術の後にね、
 『排尿指導』ってのがあるのよ。
 おしっこが出なくなるから、
 尿道口に、自分で管を入れて、
 おしっこを出すの。
 全員で、そのやりかたを教わるんだけど、
 それがもう、恥も何もないのよ。」


小部屋に、6人全員が集められました。
そして、全員が、その場で下半身を出し、
「尿道口に管を入れる練習」
をしたのだそうです。
そんなひどい話、聞いたことがありません。
そもそも、そんなデリケートな「練習」を、
他の人といっしょに、
やっていいのでしょうか。


「あの…。
 子宮がんの手術をしたあとには、
 必ず、おしっこがでなくなるのですか?」


Iさんは、こともなげに答えました。


「そんなこと、あるわけないじゃない。笑」


今でこそ、笑いながら言えるのですが、
当時は、なにもわからないままに、
全員で練習をさせられたのだそうです。


手術後の排尿障害というのは、
絶対にないとは言えませんが、
それほど頻繁なことではありません。
けれどその病院では、なぜか、
子宮がんの手術をした人は、
全員、尿がでなくなるのだそうです。
まあ、「手術がヘタ」と、
言ってもいいのかもしれませんが…。


ということで、その市民病院では、
「子宮がんの手術をした人には、
 もれなく、排尿指導が、
 セットでついてくる。」
という、笑えない話が、
現実に起こっていました。


「手術後におしっこがでなくなる」
という事態が、
そもそもあってはならないのですが、
その病院では、
「必ず起こる、あたりまえのこと」
だったのです。


したがって、「排尿指導」が、
日常的な看護の一部となってしまいました。
「患者全員で下半身を出して練習する」
などというひどいことも、
ひどいことと思えないくらいに、
院内の感覚がマヒしていたのかもしれません。


「それでもね。
 初めて管からおしっこが出たときは、
 うれしかったわ~。^^」


はあ…。
それ、あたりまえのことなんですけどね…。


「練習」して、その結果、
ふつうに排尿ができるようになる人もいれば、
退院後もずっと、管が必要な人もいたそうです。
あきれてモノが言えません…。


今は、楽天的なIさんですが、
その手術の翌年に、
ガンが再発してしまいました。
同じ病院で、再び手術を受けたのですが、
その後、またも再発します。


「もう、ここではだめだ。」
と思って、G研に転院したそうです。
そして、G研で3度目の手術を受け、
数年がたちました。


「その間にね。
 いっしょに手術を受けた仲間は、
 5人全員が死んじゃった。
 私ひとりなのよ。
 病院を変えた私だけが、
 今も生きてるの。」


病院選びをまちがえたら、
死亡率100%、ということですか…。
ぞっとしました。


ちなみに、この市民病院、
その後まもなく、廃院となりました。
問題はあったかもしれませんが、
地元の市民病院がなくなって、
木*津の方々は困ったことでしょう。


さて、なんとか命びろいした、Iさん。
その後も、経過観察を行うため、
木*津からG研に通っていました。
主治医は、私と同じ、M医師です。
最近になって、その経過観察で、
肺に転移していることを告げられました。


「もうね。
 ぶわーーーーーーって涙が出て、
 『せんせい、わたし、死ぬんですか?』
 って、言っちゃったのよ。」


そしたら…?
そしたら、あのM先生、
なんて答えたんですか?


『ま、ま、ま、ま、ま。』って言って、
 私の肩を、トントン叩くんだよね。」


ふたりで、大爆笑。^^
いや~、なんと明るい。
うんうん。M先生らしいなあ…。


そんなふうに、M先生にトントンされて、
Iさんの涙も、止まってしまったそうです。


Iさんの思い出は、多すぎて、
書ききれません。
次回に続きます。


(つづく)



×

非ログインユーザーとして返信する