MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

全盲難聴・のんたん 東京都障害者スポーツ大会で銀メダル!①

銀メダルだよ!(全盲難聴・のんたん 21歳)


東京都障害者スポーツ大会は、我が家の大切な年中行事のひとつとなっています。
これは、毎年開催されているスポーツの大会で、
東京都に現住所がある障害者ならだれでも参加することができます。
駒沢オリンピック公園総合運動場をメイン会場として、
競技ごとにそれぞれの会場に分かれて行い、
都内の障害者スポーツ大会の中でも最大規模の参加人数を誇る大会です。


長男が生活しているS園では、
園生がこの大会に参加することを大切にし、練習を重ねています。
長男も、S園に入所して以来、
毎年、大勢の園生といっしょに参加するようになりました。
初めて参加した年に、50m走で銀メダルをいただき、私たちもびっくり。
翌年は胴メダル、さらに次の年も銀メダル。
4年目の今回も、銀メダルをいただくことができました。^^


毎年、S園から会場までは、S園が手配したバスで、
参加者全員が、いっしょにでかけます。
私たちも、電車で会場に駆けつけ、応援。^^
長男が参加するのは、2種目です。
午前中は、ソフトボール投げに参加しました。
その後、園が用意してくださったお弁当を食べ、
午後は50m走に出場しました。
ほぼ一日、私たちも長男といっしょに過ごします。
とは言っても、親は応援するくらいで、
参加の介助はすべて、S園の皆様がやってくださいます。


長男は元気いっぱい。
今年も無事に終了し、私たちにも楽しい一日となりました。
帰りのバスでは、お菓子がはいった「お楽しみ袋」を園から配られ、
おやつを楽しみながら、ちょっとした遠足気分だったようです(笑)。


会場に到着し、「のんたん」と声をかけると、にっこり。


「ドン、ドコ、ドン」と歌いながら、リズムに合わせて投げます。

「おしまいでーす。」

甘えて、母の手を離しません。^^


こんなふうに投げたよ!


トラック競技の会場に移動しています。


お昼ごはん。園が用意してくれたお弁当を完食しました!


お父さんと歌を歌って楽しそう。


(つづく)



その他の記録は、
のんたん日記18
http://limings.sweet.coocan.jp/nontan18/nontan1800.html
をご覧ください。
ガンになって
http://limings.sweet.coocan.jp/miyo01/miyo1703.html
MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。