MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

台湾・3泊4日でおいしいものめぐり(22) - 三日め(孔子廟)

2006年7月30日 トイザらスで。(全盲難聴・のんたん 10歳)



午後の観光は、孔子廟から始まりました。



⑥孔子廟
「孔子廟」は台湾各地にありますが、
ここ台南の「孔子廟」は、17世紀、台湾で最初に建てられたものです。
門に記されている「全臺首學」とは、
「台湾最高の学問の神」という意味だそうです。
入り口付近には、日本で言う「絵馬」のようなものをかけておく場所があります。
「入試に合格しますように」というようなお願い事を書いた紙が、
たくさんかけられていました。
日本と違って、費用は無料です。



敷地内には、古くからの文物が展示されたスペースもありました。

2本の棒で、長いひげをかきわけて、お酒を飲めるように、作られている盃。


願い事を書いてはりつけるためのボードがありました。


我が家には、就活真っ最中(当時)の娘がいます。
そこで夫、「娘が就職できますように」と、
お願い事を書きはじめました。


んー。
ここは、受験の神様であって、就職は、ちょっと違うんじゃないの?
と思ったけど、まあいっか。どうせタダだし。(苦笑)
こういう神だのみをいっさい信じない私は、
「あほくさ」と思いながら、見ていました。(←かわいくない)



(つづく)


「ガンになって」シリーズを、
http://limings.sweet.coocan.jp/miyo01/miyo1704.html
でご紹介しています。


MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。

台湾・3泊4日でおいしいものめぐり(21) - 三日め(台南で坦子麺→祀典武廟)

2006年7月30日 トイザらスで。
音の出るおもちゃが気に入って、笑顔になりました。(全盲難聴・のんたん 10歳)
トイザらスは、全盲の長男でも楽しむことができる貴重な場所で、小さい頃にはよく連れて行きました。
親が勝手におもちゃを買って来ても、長男がそれを楽しめるかどうかは、使ってみないとわかりません。わけのわからないおもちゃが、いきなり家で出現すると、長男にとっては不安だったようです。怖がって近寄ろうとしないことすらありました。
「これはおもちゃだよ。だいじょうぶだよ。」ということばを、うまく伝えることができなかった頃の話です。
なので、おもちゃは、「お店でまずは遊ばせてみて、長男の反応がよければ買う」というのが、我が家のスタイルでした。



長男の夏休みも終わり、ふたたび、台湾日記を続けます。^^


台南の赤崁楼まで、延々と観光が続きましたが、
ここでようやく前半の観光を終え、昼食になりました。


「このあたりには、食べ物屋さんがたくさんあるので、
 好きなお店を選んで食べてきてください。
 60分後に、車で待っています。」
と、王さん。
王さんのカタコト日本語と、私たちのいいかげん中国語で、
なんとか、意思疎通を続けています。(笑)



王さんの言うとおりで、
赤崁楼の周囲には、グルメスポット(・・・というより、食堂ですね。)
が数多くありました。
大通りに沿って、延々と、食堂が続いていて、それも見て歩くのも楽しい。^^
でも、お昼をかなり過ぎていて、お腹が空いていたので、
あまりまようことなく、手近なお店にはいってしまいました。



食堂はいくつもあったのですが、ここに決めた理由は、
「はやっていて、エアコンがあったから。(笑)」です。
開放型の食堂はいくつもありましたが、
とにかく暑いので、閉め切って冷房を入れているこのお店に、
ついふらふらとはいってしまいました。^^


店内は満席で、テーブルが空くまで、イスに座って待つことになりました。
どうやら有名店だったようです。
壁には、「これまでにお店に来た有名人が使った食器」が、
サイン入りで飾ってありました。


10分ほど待って、ようやく席に着くことができました。
「オレは、なんといっても、台南名物、担仔麺だな。」と夫。
辛いのが苦手な私は、別の麺を食べることにしました。
ということで、注文したのが、夫は、台南名物・坦子麺。
そして私は、板条麺。(漢字から予想したとおり、「きしめん」が出てきました。)


担仔麺


担仔麺(たんつーめん、ダンザイミェン、台湾語: ターアーミー)は、
台湾の小吃として知られる、小ぶりの汁入り麺料理です。
台南市の発祥で、現在は台南の名物として知られています。
一般に、小麦粉の中細のストレート麺を用い、
スープに豚のそぼろ肉と海老、香菜、ニンニクソースなどがのっています。
日本で使う、大きめのご飯茶碗くらいの大きさの器で出されることが多いようです。
あとでわかったことですが、
サイズや具のそぼろ肉は、四川省の担担麺と共通していますが、
担仔麺のスープの味は異なり、辛くないものなのだそうです。


坦子麺って、すごく辛いもの、というイメージがあったのですが、
ここで食べたものは、たしかに、辛くありませんでした。
薄味の、日本人好みのスープに麺がはいっている、という感じのものでした。


テーブルには、別に、唐辛子が置いてあって、
自分でそれを加えて、好みの辛さにするようです。
夫が、ためしに、ほんの少しだけ唐辛子を入れてみたところ、
見事に激辛ラーメンができあがりました。^^


板条麺


私が注文した板条麺も、スープの味は、坦子麺と変わらないもので、
はいっている麺が、「きしめん」風です。
やっぱりおいしかったです。^^


肉味噌ごはん


「台湾の小吃」というだけあって、どちらも、量がちょっと少なめです。
そこで、肉味噌ごはんも注文しました。
他のお客さんたちがみんな食べていて、おいしそうだったので、
「あれ」
と指差して注文しましたが(笑)、こちらもおいしかったです。


食事が終わっても、
王さんと待ち合わせた時間まで、まだ20分以上あったので、
付近をぶらぶらしてみました。


⑤祀典武廟


赤嵌楼の真向かいにあるので、わけもわからず行ってみたら、
有名な観光スポットでした。^^
台湾で唯一、国家から管理されている武廟で、
三国志の武将・関羽を祀っています。
なんでもここは、「縁結び」の御利益があるとか。
(いまさら、そんなことどうでもいいんですけどね。^^)


願い事を書いた絵馬のようです。

お供えとして使用する、紙のお金。


このあとも、まだまだ、台南観光が続きます。


(つづく)


「ガンになって」シリーズを、
http://limings.sweet.coocan.jp/miyo01/miyo1704.html
でご紹介しています。


MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。


tcc Singaporean Café & Dinerでハイ・ティー&プチ・OVCAやりました。

この夏休みに、夫と長男が那須ハイランドパークにでかけましたが、
同じ遊園地に、前回、家族で行ったときの写真を見つけました。
日付を見ると、2005年11月05日になっています。前回行ったのは、12年も前だったんですね。なつかしい!^^
(のんたんとあみちゃん 10歳。見栄をはって、おそろいのミキハウスのトレーナーを着せています。笑)


8月14日
tcc Singaporean Café & Dinerでハイ・ティー&プチ・OVCAやりました。
*「プチ・OVCA」と、勝手に名前をお借りしましたが、実在する、「婦人科がんの羅患経験がある方の集まり」であるOVCAとかかわりがあるわけではありません。^^


S園に帰宅し、ようやく、長男の夏休みも終了です。
迎えに来てくださったボランティアの方といっしょに、
長男が自宅を出発したあと、
私も銀座に行きました。


この日は、同じG研病院に通っている4人で会うことになっていました。
 入院・手術したとき、同じ病室だった、Hさん。
 OVCAで知り合った、みこりさん。
 ブログを通じて知り合った、みこさん。
私以外の3人の方々は、それぞれが初対面でいらしたのですが、
初対面とは思えないくらい、4人で話が尽きませんでした。^^


集まった場所は、銀座のtcc Singaporean Café & Diner。
シンガポールの人気店「tcc」の、日本1号店です。
前から気になっていたお店なので、楽しみでした。^^
ん~、「自分の」夏休みらしくなってきました。


お店の予約時間は、1時半です。
ちょっと遅めの時間なので、
「シンガポール風ハイティー」を予約しておきました。


シンガポール・ハイティーは、一般のアフタヌーンティーと、少し違います。
イギリスの元植民地であり、広東系華人の多いシンガポールでは、
ハイ・ティーで、イギリス式に紅茶やスコーン、サンドイッチが供されるほか、
シュウマイ・餃子など中華料理の点心も供されることが多いのです。
「飲茶」がいっしょに楽しめる、アフタヌーンティー。
楽しいですね^^


まず出てきたのは、チキンの中華粥


続いて、飲茶がいっぱいつまった蒸篭。
シンガポール飲茶セット
(スチームドベジタブル・プチ肉まん・海老餃子・花咲き焼売・海南チキン)


そして、いよいよ、ティースタンドの登場です。^^

一段目: エスニック・マンゴープリンのフルーツ添え
二段目:シンガポール・エッグタルト、胡麻団子、tccオリジナルクッキー
三段目:なめらか杏仁豆腐、季節のフルーツ


すばらしい!
もう、盛りだくさんで、食べきるのがやっとでした。


ハイティー(アフタヌーンティーとも言いますが)コースだったので、
90分フリードリンクでした。
コーヒー、紅茶、中国茶など、10種類以上のメニューから、自由に選べます。


予約したお席は2時間でしたが、平日と言うことで、
お店の方が配慮してくださり、
時間が過ぎてからも、そのまま居続けることができました。


女性4人ですから(笑)、おしゃべりが終わらず、
結局、ディナータイムが始まる5時まで、楽しく過ごさせていただきました。


たくさん食べて、飲み物も、いっぱいお代わりできて、
ひとり2500円。(税別)


人気店だけあって、平日とはいえ、店内はほぼ満席。
予約して行ってよかった。^^
ちなみに、お客の100%が、女性でした。(笑)


女性どうしで、ゆっくりと、お茶とおしゃべりを楽しむなら、
ここだと思います。
おススメです。^^


今度こんな機会があるときは、ぜひ、参加したい、と思われる方、
どうぞご連絡ください。
通っている病院に関係なく、ウェルカムですよ~。
あー でも、婦人科系がん治療中または経過観察中の方、限定です。
いっしょに、おいしいものを食べに行きましょう。^^



「ガンになって」シリーズを、
http://limings.sweet.coocan.jp/miyo01/miyo1703.html
でご紹介しています。


MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。

全盲難聴・のんたんの夏休み⑫ ボランティアさんといっしょに、両手に花の、カラオケお楽しみ会(再び)

年3回行う、恒例の、カラオケお楽しみ会(全盲難聴・のんたん 21歳。)
*イナガキさんからいただいた写真です。



8月14日
とうとう、夏休み最終日となりました。
長男にとっては、楽しい9日間だったと思います。


朝10時に、ボランティアのイナガキさんが、迎えに来てくださいました。
お菓子とか服とか、たくさん入れたので、重くなったリュックサックを背負って、
秋のバザーの寄付のお品は、イナガキさんに持っていただいて、
長男は元気に、自宅を出発していきました。


イナガキさんといっしょに。


11時に、高田馬場駅で、もうひとりのボランティア、キドノさんと合流し、
3人でランチ。
そこへ、「たぶん、ここだろう」と想像した、(←さすがです。^^)
3人目のボランティア、ヤグチさんが、
なかよしのまさみちゃん、かなこちゃんといっしょに登場。
みんなで、カラオケ館に行きました。
今回は、12時から14時の、2時間を予約しておきました。


毎回、長期のお休みで帰宅するたびに、必ず開催している、
「カラオケお楽しみ会」。
今回は、ちょっと工夫を。
「のんたんの好きな曲」をリストアップして、
ボランティアさんにお渡ししました。
もっと早くに気づけばよかったわけで、いまさら、でしたが(笑)、
おかげで、のんたんはいつもよりも効率よく楽しめたようです。
次に帰宅するときまでに、このリストをもっと充実させておこうと思います。


のんたん、まさみちゃん、かなこちゃんのための、カラオケお楽しみ会。
今回ももりあがったようです。
楽しい、楽しい9日間を過ごして、長男はS園へと戻っていきました。


(イナガキさんからいただいたメールです。)
こんにちは。本日ののんたんの様子を報告します。
 お迎えに行き、会って直ぐから「学園天国」を歌って、ご機嫌で駅に向かいました。カラオケの店に行くのをとても楽しみにしていて、まさみちゃんとかなこちゃんが一緒と言うのも良くわかっていて、電車の中ではしゃぎたいのを、カラオケのお店に着いてからと静かにしていようとする姿が健気だなと思いました。
 それから、高田馬場でキドノさんと合流しました。お昼は「ハンバーグ」のリクエストでしたので、ガストでハンバーグ丼を食べました。初めは、お腹が空いてないのか、なかなか食が進まなかったのですけど、食べ始めたら、口一杯に頬張り、完食しました。
 おトイレに行って、駅に向かおうと思っていたら、ヤグチさんとまさみちゃんとかなこが来ましたので、会計を済ませて、カラオケ館に行きました。
 カラオケ館でトイレを済ませてから、歌い始めました。
 お母様から、のんたんの好きな歌を預かりましたので、出来るだけその中から、歌を選びました。のんたん、まさみちゃん、かなこちゃんと出来るだけ順番になる様に歌いましたですまさみちゃんは関ジャニ8の歌でかなこちゃんは、KinKi Kidsの歌が中心でした。
 ヤグチさんが、ドラえもんの歌とか、フォーチュンクッキーといった、のんたんがわかりそうな歌も選んでくれました。
 のんたんは、汗をかきかき、とても楽しんでくれました。
 時間になり、駅に向かう途中、ヤグチさんに、「今度は12月ね」と約束して、満足そうでした。
 駅で、のんたんと別れました。
 写真は、のんたん、矢口さん、まさみちゃんです。

 では、また宜しくお願いします。


(ヤグチさんからいただいたメールです。)
今回は、あまり「まさみちゃんコール」はありませんでした。
「かなこちゃん、かなこちゃん」と呼んで探しては隣にいき、またボランティアさんの所に戻ったりしていましたよ。^^


(キドノさんからいただいたメールです。)
お世話になっております。城殿です。

私は初めてのカラオケ参加なので、様子を見させて頂くような気持ちで参加しました。
お昼はいつものようにハンバーグを希望したので、ガストに行きました。最初はあまりすすみませんでしたが、途中から食べる気になり完食しました。そろそろ待ち合わせの時間、という頃にヤグチさんたち3人がいらして合流しました。多分ここだろうと探してくれたようです。


カラオケではタンバリンをたたき、いろいろな曲を歌いました。合間あいまに誰がどこにいるかを確認し、席を移動したりしていました。ちゃんといることがわかると安心するのでしょうか。
メモしていただいた曲以外にも「妖怪体操第一」や「タッチ」等も歌っていました。タッチは歌詞ではなく、ウクレレ教室で覚えた音階で歌っていたので、イナガキさんと笑ってしまいました。
かなこちゃんやまさみちゃんの歌に合わせて、タンバリンをたたいていました。
あっという間の2時間でした。


カラオケでずっと録音していたようで、S園に帰る電車では、それをヘッドホンで聞いていました。カラオケの余韻に浸っていたのかもしれません。


以上、とりとめのない内容ですが、今日の様子でした。
よろしくお願いします。


(夏休み日記は、これで終了します。)


長男が6歳の頃のお話「のんたん日記3」を、
http://limings.sweet.coocan.jp/nontan03/nontan0300.html
でご紹介しています。
もう16年も前のことになりました。


MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。



全盲難聴・のんたんの夏休み⑪ ボリビアフェスティバルでダンスを踊る(8日め)その②

2人のボリビア人女性といっしょに、ダンスを踊りました。(全盲難聴・のんたん 22歳)



ボリビアフェスティバルで、ボリビアの女性おふたりといっしょに、
ダンスを踊った長男。


暑かったよ~


ボリビアフェスティバルで夫が撮った写真を見ていて、
長男がうんと小さい頃に、
南米音楽のイベントに家族で何度もでかけたことを思い出しました。
南米の音楽は、リズムにめりはりがあるので、
長男にも楽しめるのではないか、と考えたのです。


都内のイベントをさがしてはでかけ、
その折々に気がついたのは、南米の方々は、
障害のある子供を、ごく自然に受け入れ、かわいがってくださる、
ということでした。


イベントに出演していた方々は、長男を見かけると、いつも、
南米の大地のようなおおらかさで、
長男をあたたかく慈しんでくださいました。


ボリビアダンスを踊る長男の写真を見ているうちに、
初めて、長男がサンバのリズムで跳ねた日のことを思い出しました。
夏の暑い日。
涙が出そうに、うれしかったあの日のことは、
サンバカーニバルの、色鮮やかな衣装と共に、
たいせつな、たいせつな、思い出のワンシーンとなっています。


当時のお話は、こちらを。
2001年8月12日 家族でサンバショー

6歳の長男が、初めてサンバを聴いて、いっしょに跳ねました。


2003年8月10日 家族でサンバショー

8歳の長男。写真がいっぱいです。



ボリビアフェスティバルの帰りにビールを一杯。
(夫が、です。長男は飲みません。^^)
浅草に行ったときは、父子で必ず、このカフェに寄ります。
夫がビールを飲むあいだ、長男は、今行ってきたボリビアフェスティバルの録音を再生して、楽しんでいます。


今日も一日、楽しく過ごしました。
とうとう明日は、夏休みの最終日です。


(つづく)


長男が6歳の頃のお話「のんたん日記3」を、
http://limings.sweet.coocan.jp/nontan03/nontan0300.html
でご紹介しています。
もう16年も前のことになりました。


MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。