MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

のんたんの冬休み-43 おいしいものを食べる、ベトナム8日間おトク旅 - そして長女も怒った(4日目)

2017年12月27日 フエの王宮で。(のんたんとあみちゃん 22歳)



ようやくたどりついた、フエの王宮です。
広いです。
とにかく広い。



雨の中、あんまり歩きたくないんですけど、
しかたなく、私と子ども達も、中にはいりました。
きっとすばらしい観光地なのですが、なにしろ、雨です。
傘をさして歩いているものの、すぐに、スニーカーが濡れ始めました。




私たちに比べると、
まるで、水を得た魚のように、ちゃきちゃきと歩く夫。
しょうがないので、その後をついて歩く、私と娘。
長男も、私に手引きされて、健気に歩きます。





でもね。
長男にとっては、ちょっと気の毒でした。
だって、なにも見えないんですから。
説明したところで、たぶん、長男には、理解できません。


長男にしてみれば、王宮なんて、なんの意味もないわけです。
石畳の、足元の悪い中、延々と歩くだけ。
せっかくの王宮ですが、雨がびちょびちょ降るなか、
やみくもに歩き続けることに、私もだんだん飽きてきました。


王宮、そりゃあ、世界遺産のすばらしい建造物なのでしょうが、
なにしろ、似たような古い建物を、のぞいてまわるだけです。
ひとつ見て、終わったと思ったら、また次の建物が。
いつまで続くのよ・・・。



せめて雨が降っていなかったら、もう少し楽しかったかもしれません。
でも、傘をさして、靴を濡らしながら歩くのは、
いいかげん、うんざりでした。
そこで、ずいぶん先のほうを、おおはりきりで歩き続ける夫を呼びとめ、
言いました。


「あのさ、この王宮。
 あとどれくらい、歩くつもりなの?」


すると夫、平然と言いました。
「一時間くらい。」


い、いちじかん?
耳を疑いました。


「いったい何を考えてるのよ。
 こんな雨の中、のんたんは、なんのおもしろいこともないのに、
 私たちにひきずりまわされてるんだよ。
 そのうえ、これをまだ、一時間も続けるの?
 つきあいきれないわよ。
 ふざけるんじゃない!」


ブンボーフエとタクシーの怒りが、まだおさまっていない私。
夫に向かって、まくしたてました。


そのときです。


黙って聞いていた長女が、うんざりとした顔で、言いました。


「王宮は、見たよ。
 もう、わかったよ。」


ナイスです。
長女に、座布団を3枚あげたくなった、母なのでした。


(つづく)

のんたんの冬休み-42 おいしいものを食べる、ベトナム8日間おトク旅 - 怒りのぼけタクシー(4日目)

2017年12月27日 ブン・ボー・フエの食堂で。(のんたんとあみちゃん 22歳)



とにもかくにも、ブンボーフエのお昼ごはんを食べ終え、
この日のメインイベント、「王宮」へ行くことにしました。


雨の中、食堂の前で、しばしたたずんでいると、
一台のタクシーがやってきました。
早速乗り込み、王宮へ。


渋滞もなく、10分ほどで、タクシーは王宮に到着しました。
料金を支払い、タクシーを降りて、
王宮の方へと歩き始めたのですが、
なにか、へんです。


一大観光地にしては、私たち以外に観光客がいないし、
「入り口」も、ドアが一枚あるだけで、
あまりにもちゃっちいのです。
その場にいた係員らしき人にきいてみると、
「ここは通用口。観光客は、正門に行ってね。」と。
タクシーのドライバーが、間違えたのです。


も~ と思って振り返ると、
幸い、そこにはまだ、
同じタクシーが停まっていました。


「ここじゃないよ。まちがってるよ。」
と言うと、
「乗れ」
と。


ということで、再び同じタクシーに乗り、
正門へと向かうことになりました。


でも、なにか、気になります。
そこで、夫に言ってみました。


「あのさ、まさか、この、2回めのタクシー代も、
 うちが払うわけじゃないよね。」


はじめから正しい場所に行っていれば、それですんだことです。
まちがえた場所に連れて行って、
そこから正しい場所に移動する費用も払うということは、
タクシー代を2倍払う、ということです。


折からの雨で、気持ちが下がっているところに、
さきほどのブンボーフエ食堂での怒りが、まださめていない私。
ドライバーのミスを、
笑って流すような気持ちには、なれませんでした。


夫はと言うと、
「でも、2回乗ったことは確かだし。」
「彼もわざとまちがえたわけじゃないし。」
「たいした金額じゃないし…」
と、思いつく限りの「いいわけ」を、ぽつぽつと話し始めました。
そう。「2回目も払うための」いいわけ、です。


「あなたね。そんなに、お金を2倍払いたいの?
 他人には優しいわねえ!
 その優しさで、自分のこどものごはんくらい、
 手伝ってほしいものだけどね!」
と、おもいっきり、皮肉を言っちゃいました(爆)。


夫、黙るしかありません。
夫は夫で、
「こんなことで、ドライバーともめたくない。」
と思っていたようです。


たしかに、日本人の感覚から言えば、
たいした金額ではないかもしれません。
だから、さっさと払ってすませたい、と思ったのでしょう。
でも、
「納得のいかないお金は、少額であっても払いたくない」
と、私は思っていました。


「もし、このタクシー代払ったら、
 許さないからね。」


私のこのことばを最後に、夫も長女も黙ってしまいました。
重苦しい空気の中、タクシーは、
目指していた「王宮の正門」に到着しました。
今度こそ、本当の「正門」です。


ドライバーは、当然のように、代金を受け取ろうとしたのですが、
「払わないよ」
とだけ言い、夫はさっさと車を降りて、歩き始めました。


後部座席の私たちも、ぐずぐずしてはいられません。
あわてて、子どもたちといっしょに、車を降りました。


ドライバーは、なにかをしきりとまくしたてましたが、
ベトナム語なので、わかりません(苦笑)。
たぶん、「払え」と言っているのでしょう。
そこで、言いました。


「あなたが間違っただけのことでしょう。
 私たちのせいじゃない。
 だから、2回目の分は、払わないわよ。
 文句があるなら、警察を呼びましょう!


大きな声できっぱりと言いました。
ここで「大きな声」で言ったのは、
まわりに居合わせた人たちにも聞こえるように、という意図がありました。


左手で長男を手引きし、右手で長女の手を持って、
堂々と、歩き始めました。


長女は不安そうにしていましたが、
「あみ、振り向いちゃだめよ。
 おどおどしないで、しっかりと歩きなさい。」
と私に言われ、ついてきました。


追いかけてくるかな、と、内心はらはらしていましたが、
私たちに払う意思がないことを、理解したのでしょう。
ドライバーは、あっさりとあきらめて、
そのまま、行ってしまいました。


つまり、2回目の代金を、払わなくてすんだわけです。
ちょっとかわいそうな気もしましたが、
遠ざかっていく車を見ながら、ほっとしました。^^



帰国後、ずいぶんあとになってから、
このときのことを、家族で話し合ったことがあります。


「私ね。あとになればなるほど、思うことがあるんだけど。
 あのときのドライバーって、
 わざと違う場所に連れて行ったんじゃないか、って。」


わざと違う場所に連れて行き、
「ここじゃないよ」と言われてから、正しい場所に連れて行けば、
一回の依頼で、2倍稼ぐことができるわけです。


「そういえば…」


私のことばに、夫と長女も、それぞれに話し始めました。
「普通なら、タクシーは、お客を降ろしたらすぐに行ってしまうはず。
 でも、私たちが引き返してみると、タクシーはその場にいた。
 もどってくるのを待っていた(のかもしれない)。」
「フエ最大の観光地である王宮の正門の場所を、
 地元のタクシーが間違えることって、あるだろうか。」
「だまそうと思ってわざとやっていることなので、
 私たちが支払いを拒否し、『警察を呼ぶ』と言ったら、
 ちっ と思うだけで、すぐにあきらめて、行ってしまったのかもしれない。」


そう。
考えれば考えるほど、
あれは「わざと」だったんじゃないか、
と、3人の考えが一致しました。


「だとしたら、あそこで、タクシー代を2回も払ったら、
 私たちって、本当におおばかやろうだったわねえ!
 誰よ。『払ってあげようよ』なんて、おめでたいことをくどくど言ってたのは。」


私に、嫌みを言われ、
返す言葉もない、夫なのでした。


(つづく)


雨に濡れる、王宮の正門。堂々たるたたずまいです。
ここと、通用口を間違えるタクシーって、ありえないですよね。^^


本当は、タクシーよりも、こっちの方が好きです。チャリンコタクシー!^^

のんたんの冬休み-41 おいしいものを食べる、ベトナム8日間おトク旅 - 怒りのブン・ボー・フエ(4日目)

2017年12月27日 ブン・ボー・フエを食べました。(全盲難聴・のんたん 22歳)




空港まで迎えに来てくれたチュンさんが、
フエ市内の地図をくれました。
さらに、その地図に、
「ブン・ボー・フエのおいしいお店は、ここです。」
と、印をつけてくれました。
そこで、まずはここで、お昼ごはんを食べよう、ということになりました。


雨が降るフエの街を、迷いながら歩きましたが、
どうにか、見つけることができました。
「ブン・ボー・フエ」という名前のお店です。



中は、こんな感じです。


ブンボーフエとは、米粉のスープ麺に牛肉がはいっている料理です。
「ブン」はビーフン、「ボー」は牛を意味し、
「フエ風の牛肉汁ビーフン」という意味です。
まあ、「フエの牛肉うどん」ですね。^^


スープのだしは、レモングラス、フエ産の塩辛、豚足、牛肉などから取り、
ベトナム風の蒲鉾や牛の腿肉などの具がはいっています。
このお店では、野菜を盛った皿と共に供されましたが、
はじめから、麺に野菜が盛ってあるお店もあるそうです。


「酸っぱくてピリッと辛いのが特徴」だそうですが、
私たちが食べたものは、それほど辛くなく、
おいしく食べられました。



おいしかったんですが・・・。
米の麺は、つるつると箸からすべりおちてしまい、食べにくいんです。


私たちなら、どうということもないのですが、
長男には、この麺を食べるのは、かなりたいへんでした。


長男は、「麺をすする」ということを、知りません。
私たちが、「ずずっ」と音をたてて、麺をすする行為。
「あれは、赤ちゃんのときから、大人たちがやるのを見て、聞いて、
 自然に覚えていくことなのだ。」
と、長男を育ててみて、初めて知りました。


他の人がやっているのを見ることができず、
「麺をどうやって食べるのか。」
ということを、ことばで説明したくても、
長男には伝わりません。


ですから、長男は、麺をすすることがなく、
ふつうのごはんのように、一口分ずつ口に入れようとします。
長い麺の切れ目になるまで、少しずつ箸で手繰り寄せ、
もぐもぐと、口に運び続けるのが、長男の食べ方です。
すごーーーーく時間がかかるので、
私が手伝うことが多いです。


この日は、ブンボーフエを4つ注文しました。
ひとりにひとつずつ、ですね。
そして、いつものように、私は、長男に食べさせながら、
その合間に自分の分を食べていました。


長男は、麺をすすることができないので、
麺を食べるときはたいてい、スプーンを使って手伝います。
まずは、麺を数本取って、スプーンの上に丸めて載せ、
さらにスープをすくって、
そのスプーンごと、長男の口に入れます。
こんなふうにして、
スプーンに一口分ずつをよそって、食べる、というのが、
いつもの食べさせ方です。


でも、前述のように、ブンボーフエは、米粉でできています。
米の麺は、表面がツルツルしているので、
数本だけ取ろうとしても、
するんっと、箸から滑り落ちてしまうのです。


「わっ 今日の麺は、ひときわ食べさせにくいわ~。」


と、わざと、言ってみました。
夫に手伝ってほしかったからです。


でも、夫は、まったく意に介していません。
自分のブンボーフエをすごい勢いで食べ終わったあと、
フエの地図なんか見ています。
頭の中は、この後の「楽しいフエ観光」でいっぱいなので、
私と長男のごはんなど、気にする余裕がありません。
私は、まだ、3口しか食べていないのに。


さっさと食べ終わり、手伝わない夫と、長男に介助しながら、食べ続ける私。
家族4人で食べるときは、いつもこんな感じです。


いつもこうなのです。
家族で食事すると、長男の食事の介助は、いつも私。
食べるのが早い夫は、さっさと食べてしまったら、
あとはしらんふりで、遊び始めます。
「おれはもう食べ終わったから、あとはオレが代わるよ。」
と、自分から言ってきたことは、過去22年、一度もありません。


5月に、家族で熱海に行ったときも、
私がひとりで長男に食べさせることになりました。
大量のお料理を前に、苦労して長男に食べさせているうちに、
お味噌汁をひっくり返してしまったことは、以前、書きました。



あのときの教訓が、ちっとも生きていない。
この人は、永久に変わらない。


ふつふつと、怒りがわいてきました。
いったいいつまで、この自分勝手な態度に、
我慢しなければならないのだろうか・・・。
(たぶん、一生。)


「いいかげんにしなさいよ!
 私が、自分の分をほとんど食べられないで、
 のんたんにずっと食べさせてるのが、あなたにはどうしてわからないの?
 『オレは食べ終わったから、代わるよ。』と、どうして、言えないの?」


私の前には、ほとんど手をつけることがないまま、冷めつつある、
ブンボーフエの丼がありました。
それを見ながら、私は夫に、爆発していました。


見かねた長女が、
「おかあさん、私が代わるから…。」
と言いました。


いや、代わって欲しいわけじゃないんです。
私になんの気遣いもない夫が、むかつくだけなんです。


そのときです。


「おかあさん…?
 ごめんね。ごめんね。」


長男が、びっくりしたようすで、つぶやきました。
私が長男を怒ることはめったにないので、
私の剣幕に、驚いたのでしょう。
そのうえ、長男は、「自分が怒られている」と思ったようです。(苦笑)


長男、あわてて、どんぶりを抱え、
せっせと食べ始めました。
そのようすが、なんだかかわいくて、
いっぱい、写真を撮ってしまいました。


僕、自分で食べるよ!

食べるからね。

よいしょ、よいしょ。

おいしいね!


「のんたん。だいじょうぶだよ。
 のんたんがしかられたわけじゃないんだよ。
 のんたんは、悪くないよ。」
と、長男に説明する、私。


おいしかったけれど、
すごく腹がたった、
ブンホーフエの思い出でした。^^


(つづく)

のんたんの冬休み-40 おいしいものを食べる、ベトナム8日間おトク旅 - 雨のフエを歩く(4日目)

2017年12月27日 雨に濡れながら、フエの街を歩きました。(全盲難聴・のんたん 22歳)



私たちを乗せた飛行機がフエに着いたのは、午前11時。


雨です。


雨が、びしょびしょ降っています。T_T


この時期のフエが、おもいっきり雨季だというのは、わかっていましたが、
それでもやっぱり、残念です。


空港まで迎えに来てくれたのは、現地ガイドのチュンさん。
またまた、私たち4人に、ガイドさん、おかかえ運転手と専用車、という、
大名旅行です(笑)。


私たち、「団体旅行」に申し込んだつもりなんですけどね。
この会社に申し込むと、
ほかに申し込む人がいないらしくて(苦笑)、
なぜかいつも、家族4人だけの大名旅行になってしまうのです。^^
(ちなみに、ツアー会社の名前は、Five Star Travel です。)


「みなさん、おつかれさまでした。
 えー 今日のフエの天気は、雨です。
 これから3日間、ずっと雨です。」


えええええ
という思いでしたが、なにしろ、雨季です。
しかたありません。


フエ


フエは、旧南ベトナムと旧北ベトナムの間に位置するベトナム中部の都市です。
19世紀から20世紀にかけてベトナムに存在していた、
阮(グエン)王朝の首都に定められていました。
もちろん、世界遺産に登録されています。
「古都」と称されることも多く、
まあ、日本で言えば「京都」のような位置づけでしょうか。


ベトナム4回目というのに、
これまで、ハロン湾にもフエにも行ったことがない私。
今まで、いったい何をやっていたのでしょうか(笑)。


今回は、「とうとうフエに行ける」と
楽しみにしていたのですが、
あいにくの雨でした。


これまで滞在していたハノイは、亜熱帯性気候。
冬のコートを着ている人も、いっぱいいました。
ここフエは、熱帯モンスーン気候。
雨季に大雨が降るのが特徴です。
さらに、このあとに行くホーチミンなどの南部は、
熱帯で、年中、夏です。
ベトナムは、南北に長い国なので、
移動と共に、気候がどんどん変わっていくのが、
今回の旅の特徴です。


まずは、ホテルに直行しました。
今回のホテルは、Park View Hotel。
なんと、星が4つも付いていました!
部屋もきれいです。^^


入り口は、なんとなくちゃっちくて笑えるのですが、お部屋はきれいでした。
このホテルのほんとうの良さは、実は、あとになってわかります。


ホテルの売店には、大量の食品が販売されていました。
が、すべて、韓国製です。
どうやらこのホテルは、韓国からのツアー客を大勢受け入れているようです。



ホテルのフロントでくつろぐ、長男と長女。このふたりは、小さい頃から、親にあちこちの国を連れ回されているので、どこに行ってもこんな感じ。「知らない国で緊張する」ということを知りません(苦笑)。


ベトナムのホテルのフロントで、長男はボイスレコーダーで、長女は読書。ヘンな子どもたちです。^^


ホテルまで送ってもらったら、チュンさんは帰ってしまったので、
ここからは、私たち4人だけで行動します。


日本から持ってきた傘をさし、
長男にはビニールのカッパを着せて、
ホテルを出発しました。



私は、学生時代からこれまでに、30カ国くらいを旅行しています。
が、傘を持って海外旅行をしたことは、一度もありません。


でも、今回だけは別です。
雨季の最中の街に行くのだから、と、
初めて傘をかばんに入れて持って来たのですが、
残念ながら、早速、それが役に立つことになりました。


雨が降っていても、気にせず売り続ける、果物売りのおばさん。
売り物が雨ざらしですが、だれも気にしません。


…とはいえ、野菜売りのおばさんには笑えました。雨に濡れながら、気にせずごはんを食べています。
さすが、こういう国民性だから、アメリカと戦争して勝つのだな、と。^^
夫が戦争やってる横で、奥さんがご飯炊いてる国ですからね。雨なんて、どうってことないのでしょう。


町の食堂。フエなのに、お店の名前は「サイゴン」(笑)。


(つづく)

のんたんの冬休み-39 おいしいものを食べる、ベトナム8日間おトク旅 - 搭乗ゲートで、バインミー(4日目)

2017年12月27日 ハノイ空港、搭乗ゲートで。(のんたんとあみちゃん 22歳)



手荷物検査も終わり、搭乗ゲートまで歩いて行きました。
が、搭乗ゲートに着いてみると、出発が1時間も遅れているとのこと。
「それなら、ホテルのレストランで朝ごはんが食べられたはずなのにな・・・。」
と思うと、急にお腹が空いてきました。
朝食を食べそこねているので、
このまま飛行機に乗るのは、ちょっとサビシイ。


そこで、娘といっしょに、空港内のカフェに行ってみました。
ガラスケースの中をのぞくと、
わ~ ある、ある。^^
いろんな種類のバイン・ミー (bánh mì) が、並んでいます。


バインミーとは、ベトナムのサンドイッチのことで、
街中のいたるところで見かけることができます。


長さ20センチメートルほどの、
柔らかいフランスパン(バゲット)に切り込みを入れ、
バター、パテを塗り、さらに、野菜、ハーブ類、肉などをはさみ、
ヌクマム(魚醤)をふりかけてあります。


屋台で売るだけでなく、
駅弁がわりとして、駅などで新聞紙に包んで売られていることも多い、
ベトナムのファーストフードです。


日本を出発してからずっと、毎日ごちそうの連続だったので、
ベトナムに着いて4日めというのに、
こんなあたりまえのベトナムフードを、
まだ一回も食べていませんでした。


カフェで並べられていたバインミーは、かなり大きかったので、
1本だけ買って、家族4人でかじりっこ(笑)。


このときに買ったのは、「卵のバインミー」。
大きなオムレツがはさまっていて、美味でした~^^



「おいしいね。」
と言いながら、4人でぱくついていたら、
ようやく、搭乗口が開きました。
フエまでは、1時間15分のフライトです。


搭乗口。長男がいっしょだったので、先に通していただけました。


ベトナム航空のチケット


窓の外は、雨です。昨日が雨でなくてよかったです。


長男と長女が、並んで座りました。


(つづく)