MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

ガンになって、職場復帰⑦ - ふたたび、産業医面談

プリモプエルとおんなじ顔しています。^^
(のんたんの双子の妹・あみちゃん 7歳。)



8ヶ月の休職のあと、復職したのが3月21日でした。
その日からほぼ3週間が経過し、
昨日、またもや、産業医面談に行ってきました。


前回のは、「復職にあたってのチェック・相談」が目的です。
休職中だったので、田町にある本社ビルまででかけていって、
面談を受けました。


今回は、「復職後の体調チェック・相談」です。
産業医が、職場のある工場まで来てくれました。
工場内で、勤務時間中にささっとすますことができるので、ラクです。


面談は、ほんの10分かそこらだったでしょうか。
職場になにか問題があるわけではないので、
特に話すこともなく、
「体調に問題はありません。
 業務に支障はありません。」
と言ってしまうと、あっさりと終わってしまいました。


最後に医師から、
「これまでは、『残業なしの勤務』、としてありましたが、
 今後は、『残業あり』ということでいいですか?」
と、確認がありました。


別に、いいんですけどね…。
「ゆるい職場なので(苦笑)、
 『残業あり』に設定しても、
 たぶん、今後も、残業はないと思います。」
ということばは、言いませんでした。^^


これで、職場復帰に関わる所定の儀式は、すべて終了しました。
とはいえ、「傷病手当金」の書類手続きが、まだ残っています。
8ヶ月もお休みしたので、
書類を4枚(2ヶ月につき1枚)も書かなくてはならないんです。
これについては、また今度書きたいと思います。



「ガンになって」シリーズを、
http://limings.sweet.coocan.jp/miyo01/miyo1703.html
でご紹介しています。


MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。