MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

骨折でもイタリア。シチリアを歩く、9泊10日のおトク旅 10 - 早朝のパレルモ観光(3日目)

2019年1月20日 シチリア島・パレルモの朝。クアットロ カンティで。


1月20日


夜行フェリーでパレルモに到着しました。
アラブ・ノルマン王朝時代の栄華の跡が残る、活気ある港町です。
人口は100万人以上で、イタリアで5番目に多く、
シチリア諸島で一番大きい都市です。


中世シチリア王国の古都であり、
ノルマン系やスペイン系、または全く違う民族も暮らしていたりして、
国際色豊かな街です。


ひゃ~ シチリアに来ちゃったんだわ~
と、感動する暇もなく、
パレルモ市内観光が始まりました。
ここからは、延々と、怒濤の観光地めぐりが続きます。(笑)


マッシモ劇場 (Teatro Massimo)


マルトラーナ教会


この場所には教会が3つも面しており、
どれがマルトラーナ教会かな、と迷いそうになります
朱色のドームをもつふたつの教会、
サン・ジョヴァンニ・デリ・エレミティ教会とサン・カタルド教会も、
見応えがあります。


写真の左側が、マルトラーナ教会 (Santa Maria dell'Ammiraglio) で、右がサン・カタルド教会です。


美しい彫像が多数据えられている噴水に来ました。
この彫像は、イタリア本土から運ばれてきたのだそうです。
当時、シチリアの人々はとても保守的で、
裸体が飾られたことにとても驚き、
男性の突起をすべて切り落としてしまったそうです。(笑)
そのため、現在でも、ここにある彫像は、
どれも、突起が切り取られたままになっています。


ノルマン王宮と噴水


クアットロ カンティ(Quattro Canti)


街中の名所である、クアットロカンティに来ました。
交差点にある四つ角の建物は、それぞれ、3階構造になっていて、
各階の壁面に彫像が飾られています。
彫像は、4つの角ごとに違うものが立っていて、
それぞれが、春、夏、秋、冬を表しています。


朝の、人気のないクアットロカンティを、みんなでぞろそろ歩きます。^^

春。若々しい彫像が飾られています。この頃の彫像は、シュッとしているのですが・・・。

夏。もう少し、大人になった彫像が。

秋。少し年をとっていき・・・。

冬。年を取って中年太りの彫像。お腹がでているのが、笑えました。^^


(つづく)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。