MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

日光街道千住宿めぐり⑤ バードコートで締めのワイン(2018年5月31日)

2018年6月2日 東京都障害者スポーツ大会で。(全盲難聴・のんたん 22歳)


5月31日


千住宿界隈を歩いていて、偶然見つけtお店。
なんと、食パンの専門店でした。
焼きたて食パン専門店「一本堂」とあります。



中に入ってみると・・・。
本当に、食パンしか置いてないんですよ。^^
いろんな種類があったようなのですが、
この時間には、ほとんどのタイプが、
売り切れてしまっていました。


そういえば、朝食用のパンがなくなってたな、と思い出し、
かろうじて残っていた「プレーン」を買いました。
私たちのあとにも、お客さんが次々に入ってきます。
地元の人気店なんですね。^^



ずいぶん歩き、小腹がすいてきました。
どこかで軽く食べていこうか、とお店を探していると、
突然目の前に現れた、焼き鳥屋さん。
「バードコート」です!



うわ~
なつかし~^^


2000年にオープンした、人気の焼き鳥屋さんです。
銀座にある焼鳥の名店「バードランド」の暖簾分け店です。
扱う鶏は、奥久慈軍鶏。
選び抜かれた紀州備長炭を使い、
繊細な温度管理でじっくり焼き上げています。


10年くらい前に、うわさをききつけて、
夫とふたりで出かけたことがありました。
人気店だけあって、お店の前に並んで入ったような記憶があります。


その後、2011年からは、ミシュランの一つ星を獲得しており、
知る人ぞ知る、焼き鳥の名店となりました。


どうせ予約でいっぱいだろうな、と思ったのですが、
お店に入ってみると、
カウンター席なら、2名分が空いているとのこと。^^


ということで、思いがけず、
2軒めは、ミシュラン星獲得のバードコートという、
贅沢な展開になりました。


いただいたのは、こちらです。


ブルゴーニュのワイン。お通しは、軍鶏のスープ。

焼きチーズ(カチョカヴァロ)


「徳多和良」でたくさん食べたので、
ここでは、ちょっとだけ、おやつ代わりです。^^
十分満足し、お店をでました。


外はもう真っ暗。
街路樹が並んだ、静かな夜道を、
夫とふたり、歩いて帰りました。
もちろん、帰りもがんばって、一時間、歩きましたよ~。^^


(おわり)


(おまけ)
この日長女は、出勤でした。
(新入社員なので、まだ休暇がないのです。)
「おなべに親子どんぶりがあるから、
 卵を割り入れて食べてね」
と言ってあったのですが・・・。


自宅までの道を歩いていると、
長女から、「卵焼き、作ったよ!」と、
メールが届きました。


「親子どんぶりがあるのに、なんで卵焼き作ったの?」
と聞くと。
「食べたくなったから」と。


写真が送られてきました。
自分で初めて作った卵焼きなので、
見せたかったようです。^^



4月から働き始めた長女。
毎日、がんばって出勤しているので、
ほっとしています。


「おかあさんたち、会社休んで、居酒屋に行ったの?
 いいなあ・・・。」


はいはい。
こんどはいっしょに行こうね。^^

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。