MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

高級ホテルに泊まる、タイ3泊6日のおトク旅 28 - 布製品と仏具のゾーン(4日目)

2018年7月14日 分け入っても、分け入っても、布製品。


7月14日


布製品コーナーに突入しました。
ここでは、衣類はもちろん、かばん、くつ、マスコット、敷物など、
とにかく布製品のお店ばかりが、延々と続きます。
くつならくつ、とまとめればいいのに、
なぜか素材でまとめてあるんですね。^^


「疲れた」と文句を言いながらも、せっせと歩く私です。この長い通路の、奥の奥まで、布製品(爆)。スカートにデイパック、ぬいぐるみにミニタオル、お財布、と、とにかく、布製品。「今日は布を買いたい気分」なんて人が、このカテゴリーに来るのでしょうか。

色あざやかな、布バッグ。こんなの持って、東京で電車に乗れませんって。笑

分け入っても、分け入っても、布かばん。

クッションに入れるパンヤも、一緒に売っていました。

そしてとうとう、パンツの専門店に遭遇! 「よりどり5枚で600円」と書いてあったので、つい、5個、選んでしまいました。写真は、店いっぱいに広がる、パンツの山。ちなみに、ここにはメンズしかありません。

私のお気に入りはこれ! ひよこパンツ!^^ その左にある、マックのフライドポテト模様も捨てがたかったのですが。笑

ひよこパンツをむりやり買わされた夫です。

少数民族の手作り品。ピンクの象のクッションです。欲しかったのですが、ひとつ7000円と言われて・・・。

写真だけ撮って、あきらめました。

これも、同じくアカ族の手作り品と思われます。


続いて、思いがけず通りがかったのは、
仏具のカテゴリー(笑)。
こんなものまで、売ってるんですね。^^


どこの家にも置いてある、お供えセット。女性店主のうしろのショーケースには、たくさんの仏様。

20年前に来たころは、みなさん、毎日お供え物を買っていましたが、イマドキは、こんなものまで売っています。食品サンプルと同じ方法で作られた、お供えセット。(爆)これ、全部、イミテーションです。

風水グッズ。もう、仏具も神具もいっしょくた。

大小たくさんの、銅鑼(どら)。

ここまでくると、「仏具」というより、「縁起物」。もうなんでもありの、仏具コーナーなのでした。笑 ちなみに、ひとつ300円くらいです。


さんざん歩き回って、
気がつくと、午後2時を過ぎています。
ちょっと散歩がてら、のつもりだったのに、
市場の中を4時間以上も歩いてしまうなんて。(←アホです。)


適当に見て、あとは、
ホテルに戻ってのんびりするつもりだったんですけどね・・・。
多動夫といっしょにいると、
とにかくじっとしていることができません。
いつまでたっても帰ることができず、
こんな長居をすることになってしまいました。


普通の人は、この市場に何時間くらい滞在するものなのでしょうか。
私たちのように、市場の中を4時間以上も歩き続けた人って、
ほかにいるのでしょうか。
ぜひ、みなさんの滞在時間を、聞いてみたいものだと思いました。


おもしろかったけど、
あまりにお店がありすぎて、
うんざりしながら歩き続けた、
チャトゥチャック市場、なのでした。


(つづく)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。