MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

全盲難聴・のんたん 秋のレクリエーション大会(2017年10月17日)

2017年10月17日 パンくい競争に出場。がんばって、パンをゲットしたところです。
(全盲難聴・のんたん 22歳)



秋のレクリエーション大会


長男が生活しているS園では、毎年秋に、運動会が開催されます。
2017年は、10月17日に予定されていましたが、
あいにく、この日は、雨でした。
そこで、規模を縮小して、屋内で「レクリエーション大会」を開いたそうです。
園から、お写真をいただいたので、掲載いたします。


長男がS園に入所して、4回めの運動会です。
毎年、運動会の前に、園から案内状をいただきます。
でも、運動会は、いつも平日に開催されるため、
これまで、一度も行ったことがありません。
定年退職したら、そのときは行ってみようかな~、なんて。^^


バランスボールに座る競技で、先生の声援に、笑顔。^^


二人三脚も、笑顔でがんばっています。^^


社会見学でおでかけ。この写真も、園からいただきました。


(つづく)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。