MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

夢のような豪華フレンチを、無料で楽しむ - Elan MIYAMOTO(恵比寿)

2006年10月14日 運動会の日に。(全盲難聴・のんたん 11歳)



先日、ものすごいフレンチディナーを、無料で楽しんできました。
恵比寿にある、モダンフレンチの名店、Elan MIYAMOTO で、
おそらく、一人分が10000円くらいか?と思われます。
これが、ペアで楽しめて、タダなんです。
私たちだけでなく、誰でも、無料で楽しめるんです!
これを読んでおられる方にも、ぜひ体験していただきたくて、
その方法をご紹介いたします。


Elan MIYAMOTO


今日ご紹介するこのお店は、
フレンチの名店、「シェ松尾」で料理長を務めた、
宮本英也氏のお店です。


お店の入り口。恵比寿ガーデンプレイスからほど近い、住宅地の一角にあります。


この日は、ほぼ満席。カウンター席に通されました。
シックなテーブルセッティング。すぐ目の前で、宮本シェフの華麗なおしごとを見せていただけます。


ディナーコースには、グラスワインが付いていたのですが、
シェフの提案で、シャンパンに変更していただきました。


自家製のバターとパン。バターがすごくおいしいです。
パンも、種類の異なるものが次々と出てきます。


まずは、華麗なるメニューの数々をご覧下さい。


黒無花果と鴨のフォアグラ バルサミコ
ゼリー寄せの下にあるのが、フォアグラ。のっけから、手のこんだお料理です。


京かぶら 美白鶏 帆立貝柱 紫大根の、フラン(洋風茶碗蒸し)


歩荷の自然卵ポーチドエッグとフランス秋トリュフのサラダ
グラスカバーをかぶせ、トリュフの香りを閉じ込めてあります。


カバーを取ると、こんな感じ。


「こんなおおぶりのトリュフを使ったお料理、初めて見ました。」
と言うと、
「完全に、赤字です。(苦笑)」
とシェフ。


表面が霜降り模様に見えるものは、かなり質の高いトリュフであるのだと、
あとから、本で知りました…。


白印の白子 カラスミ イエローミディ 黄ビーツ
白子はフリッタになっていて、サクサクとした食感が楽しい。^^


魚料理 天然ひらめ ピスタチオ 小蕪 美~ナス
手前にあるのが、ナスのペースト。お魚といっしょにいただきます。すごく深い味です。


肉料理 青森バルバリー鴨 赤とピンクの野菜
鴨は脂っこいので、どちらかといえば、それほど好きではなかったのですが、
こんなにさっぱりと食べられる鴨料理は初めてでした。


赤玉 ジャスミン茶、パイのデザート


お砂糖を入れてないのに、ほんのりとした甘みがあるコーヒー


ここまでで、お腹いっぱい。
夫も、「もう食べられない。」と。
なのに、まだ出てきました。


お茶菓子 カヌレとチーズケーキ


デザートとお茶菓子の担当は、和野 円パティシエ。
一見、可憐なお嬢さん風ですが、
フランスのメゾンに勤務後、
グランファミーユシェ松尾成城でビブグルマンを取得し、
シェフパティシエールだった方。
(ちなみに、宮本シェフも、イケメンです。^^)


すごいですよね。
夢のようなひとときでした…。


さて。
これが、全部無料なのです。


どうして無料だったのか?
それは、ですね。
みなさん、よくご存じの、アレですよ。


ふるさと納税!


えっ?
と、思いますよね。
これ、佐賀県玄海町の、返礼品なんです。


40000円寄付したら、こんなことになっちゃいました。(笑)
ちなみに、25000円のペアチケットもあります。


まだ、ふるさと納税を使い残している方、
ぜひ、おすすめいたします。


この返礼品は、ルクサと地方自治体、そして都内の名店がコラボして、
最近スタートしたばかりです。
なので、以下のサイトからでないと、申し込めません。
のぞいてみてください。



我が家は、来週、もう一軒、行ってみる予定です。
こんなふるさと納税、大歓迎です。
来年もやってくれないかなあ、と夫婦で話しています。^^


みなさんも、ぜひ。
おすすめですよ…。^^


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。