MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

経過観察(手術後13ヶ月)レントゲン+CT+梅が丘 寿司の美登利②

2006年9月2日
盲学校のプレイルームで。シーソーでご満悦。^^(全盲難聴・のんたん 11歳)



病院から新橋駅へ直行し、新橋から有楽町に向かって歩きました。
目指す「美登利寿司」は、
たくさんの飲食店が並ぶ銀座コリドー街の一角にあります。



着いてみると、びっくり。
午後3時というのに、お店の前には、30人くらいの人が並んでいました。
さらに驚いたのは、待っている人たちの半分以上が、外国人だったことです。
美登利寿司、今では、海外でもすっかり有名になってしまったんですね・・・。
(写真は、帰り際に撮ったものです。待っている人がちょっと減っていました。)


いまさら、他のお店に行くのもめんどうだし、
いい機会だから、待ってみることにしました。


お店の前にはイスが用意されているし、
本を持っていたので、それほどたいくつはしませんでしたが、
それでも、1時間、待ち続けました。(病院の待ち時間より長い。笑)


4時になり、ようやく、私の順番が来ました。
店内にはいってみると、意外なことに、
カウンター席もテーブル席も、半分くらいしか埋まっていません。


「お店の外で、あんなに大勢が待っているのだから、
席が空いているのなら、店内に入れてくれればいいのに。」
と思いましたが、その後も、
店内のお客さんの数が、それ以上増えることはありませんでした。


席に着くと、お店の方から、
「本日、混み合っておりますので、
多少お待たせしてしまうかもしれませんが、
ご了承ください。」
と言われました。


カウンター内では、板前さん6人がフル稼働していました。
それでも、お店の半分ていどのお客さんの注文をこなすのが、
やっとなのかもしれません。


「すべての席を埋め尽くすくらいにお客がはいってしまうと、
注文が殺到し、スムーズな提供ができなくなる」
という、お店の配慮なのかな、と思いました。


お昼を食べていないので、すっごく空腹です。
メニューをあまり検討することなく、
速攻で注文しました。


ランチセット「紅葉」(茶碗蒸しとデザート付き)と、
広島県産蒸し牡蠣「海鮮王 宮島」。
どちらも、季節限定メニューです。


まずは、蒸し牡蠣を紅葉おろしとポン酢でいただきました。


広島県産蒸し牡蠣「海鮮王 宮島」


つづいて、茶碗蒸し。


そしてようやく、お寿司の登場です。


ランチセット「紅葉」

大トロ、鯛塩酢橘、中トロ、大赤エビ、玉子つまみ、ウニ、いくら、炙りサンマ、
トロサーモンガーリックスライス 芽葱のせ、牡蠣ポン酢ジュレ、
穴子エリンギバター醤油、季節の小鉢(アンキモのポン酢あえ)


ネタが大きいです。
ネタの長さは、シャリの2倍以上です。(笑)
シャリは、お酢の味がきつくなく、あっさりしていて、食べやすかったです。
これ以上のことば、いりません。
とにかくおいしいです。^^


すばらしい! 美登利寿司!
いや~ 来てよかったです。
行列ができるはずです。


デザートは、抹茶のアイスでした。

よく見ると、お醤油も、美登利寿司のオリジナルでした。


気になるお値段ですが、写真の「紅葉」セットは、2500円です。
家の近所のお寿司屋さんと、あまり変わらないですよね。
このお値段で、銀座で、こんな充実したお寿司が楽しめるとは・・・。
とにかくおいしかった。^^
またぜひ来たい、と思ってしまうお店でした。


(おわり)


「ガンになって」シリーズを、
http://limings.sweet.coocan.jp/miyo01/miyo1704.html
でご紹介しています。


MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。