MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

全盲難聴・のんたんの夏休み⑤ 浅草 太鼓館でおおはりきり(4日め)

スチールドラムを叩く長男。うれしそうな顔を見てください。(全盲難聴・のんたん 22歳)


写真は、8月9日に、太鼓館に行ったときのものです。
私が勤務日なので、夫と長男のふたりででかけました。


実は、この日は、長男の誕生日でした。
長男、22歳になりました~^^


太鼓館については、以前にも書きましたので、
そちらもご覧ください。




ここには、世界中の太鼓が展示してあって、
自分で叩いてみることができます。


今回も、元気に太鼓をたたきまくった長男でした。




全盲難聴 のんたん 太鼓を叩いています。Deaf-Blind Nozomi is beating a drum.



全盲難聴 のんたん スチールドラムを叩いています。Deaf-Blind Nozomi is beating steel drums.



(おまけ)
チベットのダマルという太鼓です。
人間の頭蓋骨に皮を張って、太鼓にしてあります。

注:この写真を撮ったのは夫です。私ではありません。


長男の夏休み。4日めは、まだまだ次回に続きます。


(つづく)


「とーたん日記」を、
http://www.geocities.jp/miyoliming/liming/totan/totan00.html
でご紹介しています。


MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。