MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

全盲難聴・のんたんの夏休み② 那須岳に登ったよ(2日め)

8月7日 那須で、おとうさんと山登り。(全盲難聴・のんたん 21歳)



夏休みで、長男がS園から帰宅しました。
せっかくの夏休みですが、私も夫も、お休みの日程が合いません。


私「私さ、8月7日から10日まで、出勤日なんだよね。」
夫「おれもだよ。」


高校を卒業するまでなら、こういうときは、
自宅にヘルパーさんが来てくださって、
終日、長男といっしょにいてくれました。
個人的に契約していた、デイサービスもありました。


でも、S園に入所してからは、
ヘルパーさんの派遣サービスを利用することができなくなりました。
長男を家にひとりで置いておくわけにいかないので、
こういうときは、夫婦でなんとかするしかありません。
これまでは、それぞれが2日ずつ休む、なんて形でのりきってきました。


私「でね。私、今年の休暇が、あまりないのよ。
  これからも、定期検査とかで、病院にいくから、
  休暇残しておかなくちゃいけないし。
  あなたは、どうせ、9月で定年なんだから、
  休暇、残しておかなくていいでしょ。
  ここはひとつ、4日、休んでくれないかな。」


と、頼んでみたところ、夫がOKしてくれました。
やった~。


ってことで、ここから、「長男の夏休み日記」は、
ほとんど「とーたん日記」になります。(苦笑)
そういえば、大昔に、「とーたん日記」を書いていたことがありました。
なんと、15年前です。
長男、当時6歳(笑)。
(夫は書き散らすだけ。HPにしたのは私です。笑)



本当は、このブログも夫に書いてもらいたいくらいなのですが、
機械オンチで、会社のスキャナーも使えない人なので、
私が書きます 苦笑。(でも、せめて原稿くらいは書いて欲しい。)


…ということで、長男の夏休み2日め。(=とーたん日記の一日め)
私はいつもどおりに出勤し(笑)、
夫は、長男を車に乗せて、那須高原へと向かいました。
父と息子のふたり旅です。



まずは、日光国立公園で、ロープウェイに乗りました。
全盲の長男は、景色を楽しむことはできませんが、
ロープウェイの振動や音が大好き。
乗っている間じゅう、ずっと、興味津々で、楽しんでいます。
小さい頃は、家族旅行でどこに行っても、
長男のために、必ず、ロープウェイに乗っていました。^^


ロープウェイに乗りました。


あ~ 楽しかった^^


ロープウェイを降りてからは、
ちょっとだけ山登りをしました。
長男、「すごい風~!」と言って、大喜び。
からだで感じることができるので、
小さい頃から、長男は「風」が大好きです。


「すごい風~!」と言って、大喜び。


山歩きは涼しかったことでしょうが、
地面は、石や岩がごろごろ。
目の見えない長男には、かなり歩きにくいはずなのですが、
小さい頃から、家族旅行で山にも連れて行ったので、
すっかり慣れています。
この日も、夫につかまりながら、しっかりと歩きました。^^


こういう坂でも、元気に歩きます。



再びロープウェイに乗って、麓まで降り、
次に向かったのは、「那須ハイランドパーク」です。
ここが、この日のメイン。
遊園地が大好きな長男、
前日に、夫から話を聞いて以来、それはそれは楽しみにしていました。


(つづく)


「とーたん日記」を、
http://www.geocities.jp/miyoliming/liming/totan/totan00.html
でご紹介しています。


MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。